文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 情報科学科(情報システム解析学科) > 実践プログラミング2
日本大学ロゴ

実践プログラミング2

このページを印刷する

平成29年度以降入学者 実践プログラミング2
平成28年度以前入学者 上級プログラミング
教員名 韓東力,藤ノ木健介
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 情報科学科(情報システム解析学科)
学期 後期 履修区分 選択必修
授業概要 C言語のポインタとデータ構造入門
授業のねらい・到達目標 本講義では実践プログラミング1で習得した知識を復習しながら、C言語でポインタを使いこなせるようになることを目標とする。さらに、連結リストや2分探索木などの基本的なデータ構造をポインタを用いて実現できることを目標とする。

この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 講義とコンピュータを使った実習を交互に進める。また、授業内テストを数回行う。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とする。
履修条件 「実践プログラミング1」の内容を理解していること.
授業計画
1ガイダンス(授業のテーマや到達目標及び授業の方法について説明する)
実践プログラミング1の復習(ポインタ・構造体)
【事前学習】実践プログラミング1の内容を復習しておくこと。
【事後学習】学習した内容を整理し、課題を期限内に提出すること。
2関数の再帰呼び出し
【事前学習】第2回の資料を読んでおくこと。
【事後学習】学習した内容を整理し、課題を期限内に提出すること。
3動的メモリ割当て
【事前学習】第3回の資料を読んでおくこと。
【事後学習】学習した内容を整理し、課題を期限内に提出すること。
4再帰と動的メモリ割当てに関する演習
【事前学習】第4回の資料を読んでおくこと。
【事後学習】学習した内容を整理し、課題を期限内に提出すること。
5授業内試験(1)と解説
【事前学習】第1回~第4回までの内容を復習しておくこと。
【事後学習】解けなかった試験問題を解き直すこと。
6リスト構造
【事前学習】第6回の資料を読んでおくこと。
【事後学習】学習した内容を整理し、課題を期限内に提出すること。
7双方向リスト
【事前学習】第7回の資料を読んでおくこと。
【事後学習】学習した内容を整理し、課題を期限内に提出すること。
8循環リスト
【事前学習】第8回の資料を読んでおくこと。
【事後学習】学習した内容を整理し、課題を期限内に提出すること。
9リスト構造演習
【事前学習】第9回の資料を読んでおくこと。
【事後学習】学習した内容を整理し、課題を期限内に提出すること。
10授業内試験(2)と解説
【事前学習】第6回~9回までの内容を復習しておくこと。
【事後学習】解けなかった試験問題を解き直すこと。
11木構造
【事前学習】第11回の資料を読んでおくこと。
【事後学習】学習した内容を整理し、課題を期限内に提出すること。
122分探索木
【事前学習】第12回の資料を読んでおくこと。
【事後学習】学習した内容を整理し、課題を期限内に提出すること。
13木の巡回
【事前学習】第13回の資料を読んでおくこと。
【事後学習】学習した内容を整理し、課題を期限内に提出すること。
14総合演習
【事前学習】第14回の資料を読んでおくこと。
【事後学習】学習した内容を整理し、課題を期限内に提出すること。
15授業内試験(3)と解説
【事前学習】これまでの内容を復習しておくこと。
【事後学習】解けなかった試験問題を解き直すこと。
その他
教科書 森元 逞 『Cをさらに理解しながら学ぶデータ構造とアルゴリズム』 共立出版 2007年
参考書 内田智史監修・システム計画研究所編 『C言語によるプログラミング基礎編』 オーム社 2001年 第2版
MMGames 『苦しんで覚えるC言語』 秀和システム 2011年
柴田望洋 『新・明解C言語 入門編』 SBクリエイティブ 2014年
成績評価の方法及び基準 レポート(30%)、授業内テスト(60%)、授業参画度(10%)
授業内テストは、合計3回の授業内試験を合わせて評価する。
授業参画度は、毎回の実習・演習の成果により評価する。
レポートは、各回の課題の完成度により評価する。
オフィスアワー 韓(40組):随時(事前にメールでアポイントを取ること)
藤ノ木(41組):メールによる質問を受け付ける
備考 ・履修登録の際は、クラス別に登録をすること
・授業内に与えられた宿題を期限(通常は翌週)内に提出すること。
・授業内容をもとに数回の小テストを実施するため、前回までの内容を必ず復習しておくこと。

このページのトップ