文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 情報科学科(情報システム解析学科) > 基礎プログラミング2(再履)
日本大学ロゴ

基礎プログラミング2(再履)

このページを印刷する

平成29年度以降入学者 基礎プログラミング2(再履)
平成28年度以前入学者 プログラミング基礎(再履)
教員名 戸田誠之助
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 情報科学科(情報システム解析学科)
学期 前期 履修区分 必修
授業概要 関数の構文,意味(動作),役割,利用法を学ぶ.
授業のねらい・到達目標 様々な関数とその利用例を通じ,関数化にはいくつかの目的があることが理解できる.さらに,独力で適切な関数を設計できるようになる.加えて,再帰関数の考え方が理解できるようになる.

この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 基礎プログラミング1で修得した内容を前提とし,関数について深く学修していく.
講義形式の説明と計算機を使った実習を繰り返す.
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とする.
履修条件 再履修者用に開講された講義である。
「基礎プログラミング1」の内容を修得済みであることが望ましい。
授業計画
1基礎プログラミング1の復習
【事前学習】プログラム開発環境の利用法を確認しておく.
【事後学習】基礎プログラミング1の学習内容について理解を深める.
2処理の分割1:返り値のない関数の基礎
【事前学習】前回までの内容を復習する.
【事後学習】関数の利用法を理解する.
3処理の分割2:返り値のある関数の基礎
【事前学習】前回までの内容を復習する.
【事後学習】関数の利用法を理解する.
4処理の分割3:複数の関数の利用
【事前学習】前回までの内容を復習する.
【事後学習】関数を組みあせて大きな処理を行うプログラムを作成する.
5授業内試験と解説(1)
【事前学習】第1回~第4回の内容を復習する
【事後学習】関数の利用法について理解を深める.
6処理の再利用1:基礎
【事前学習】前回までの内容を復習する.
【事後学習】同一の処理をプログラム内の異なる場所に利用することが多いことを理解する.
7処理の再利用2:応用
【事前学習】前回までの内容を復習する.
【事後学習】複数の場所に出現した処理内容を関数化することを理解する.
8処理の再利用3:発展
【事前学習】前回までの内容を復習する.
【事後学習】適切な大きさの関数を設計することによってプログラム全体の可読性を高める.
9処理の抽象化1:基礎
【事前学習】前回までの内容を復習する.
【事後学習】処理内容を意味的なまとまりに分割することを理解する.
10処理の抽象化2:応用
【事前学習】前回までの内容を復習する.
【事後学習】処理内容における意味的なまとまりを関数化することを理解する.
11処理の抽象化3:発展
【事前学習】前回までの内容を復習する.
【事後学習】適切な大きさの関数を設計することによってプログラム全体の可読性を高める.
12再帰関数1:基礎
【事前学習】前回までの内容を復習する.
【事後学習】繰り返し処理が再帰関数によって実現できることを理解する.
13再帰関数2:応用
【事前学習】前回までの内容を復習する.
【事後学習】色々な処理内容が再帰関数として自然に実現可能であることを理解する.
14授業内試験と解説(2)
【事前学習】 第1回~第13回までの内容を復習する
【事後学習】処理の再利用・抽象化ならびに再帰的定義について理解を深める.
15これまでの復習・解説を行い授業の理解を深める
【事前学習】第1回~第14回の内容を復習する.
【事後学習】プログラムの可読性の向上や処理内容の簡便な実現などの観点から,関数の必要性や有用性について理解を深める.
その他
参考書 著:Casey Reas、Ben Fr 、訳:船田 巧 『Processingをはじめよう 第2版』  オライリージャ パン 2016年 第2版
長名優子、石畑宏明、菊池眞之、伊藤 雅仁  『つくって学ぶProcessingプログラミング入 門』  コロナ社 2017年
成績評価の方法及び基準 レポート(20%)、授業内テスト(70%)、授業参画度(10%)
・授業内テストは,授業内試験1・2の成績により評価する。
・レポートは,授業外レポートの成績により評価する。
・授業参画度は,毎回の実習・演習の成果により評価する。
オフィスアワー 毎週水曜日12:10〜13:00
備考 ・毎回授業の準備として,前回までの内容を復習しておくこと.
・宿題等も含め,理解が十分でないと思われる内容に関しては,早めに担当教員に質問・相談をすること.

このページのトップ