文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 物理学科 > 電磁気学2演習
日本大学ロゴ

電磁気学2演習

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
電磁気学2演習
科目名
平成27年度以前入学者
電磁気学2演習
教員名 水野伸夫
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 物理学科
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 電磁気学2で扱う静磁場、電磁誘導、マクスウェル方程式と電磁波、誘電体、磁性体に関する問題演習を行う。
授業のねらい・到達目標 電磁気学2の講義に沿った演習問題を解くことにより、内容の理解を深め、計算力をつけることを目標とする。また、電磁気学2の講義で扱えなかった事項の解説も行う。
この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応している。
授業の方法 毎回、問題プリントを配布し、授業時間内でこれを解き提出する。ときには黒板に解答を書いてもらうこともある。
本授業の事前・事後学習は、合わせて1時間の学習を目安とします。
授業計画
1静電場に関する問題演習を行う。
2静磁場(1)ローレンツ力に関する問題演習を行う。
3静磁場(2)ビオ-サバールの法則に関する問題演習を行う。磁気双極子について解説する。
4ベクトルポテンシャルについて解説する。
5静磁場(3)アンペールの法則に関する問題演習を行う。
6電磁誘導の法則(1)電磁誘導、自己インダクタンスに関する問題演習を行う。、複素インピーダンスについて解説する。
7電磁誘導の法則(2)相互インダクタンスに関する問題演習を行う。
8試験と解説。
9マクスウェル方程式と電磁波に関する問題演習を行う。
10誘電体に関する問題演習を行う。
11誘電体の境界条件に関する問題演習を行う。
12磁性体に関する問題演習を行う。
13磁性体の境界条件に関する問題演習を行う。
14これまでの復習・解説を行なう。
15試験と解説。
その他
教科書 長岡洋介 『電磁気学Ⅰ』 岩波書店 1982年
長岡洋介 『電磁気学Ⅱ』 岩波書店 1983年
参考書 なし
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(50%)、授業参画度(50%)
オフィスアワー 木曜日 11:00~12:00 物理学科事務室
備考 「電磁気学1」「電磁気学1演習」を履修していることが望ましい。

このページのトップ