文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 物理学科 > 電磁気学1演習
日本大学ロゴ

電磁気学1演習

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
電磁気学1演習
科目名
平成27年度以前入学者
電磁気学1演習
教員名 高橋博樹
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 物理学科
学期 前期 履修区分 必修
授業概要 力学と並んで物理学の基礎をなす重要な分野である電磁気学について学ぶ。1年次に習得した電磁気学入門の基礎知識をもとに、もう少し進んだ電気・磁気に関する理論の基礎と応用について演習を行う。
授業のねらい・到達目標 電磁気学1で学んだ電気・磁気現象についての理解を深めることができ、電磁気現象について自分で数式化しそれを解くことができる。さらに現象を深く理解し、そこから派生する現象を予測することができるようになる。
この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応している。
授業の方法 演習形式で授業を進める。演習では講義内容に即した問題を自分で解きながら理解を深める。
本授業の事前・事後学習は、合わせて1時間の学習を目安とします。
履修条件 なし
授業計画
1ガイダンス、ベクトルについて
2電荷に働く力
3静電場と電位(静電ポテンシャル)
4静電場と電位(静電ポテンシャル)
5ガウスの法則とその応用
6ガウスの法則とその応用
7ベクトルの微分
8微分型のガウスの法則
9境界条件とポアソンの方程式
10導体のまわりの静電場
11コンデンサーと電気容量
12コンデンサーと電気容量
13定常電流の性質
14導体中の電流
15回路網の電流
その他
教科書 長岡洋介 『物理入門コース3電磁気学Ⅰ電場と磁場』 岩波書店 1982年 第1版
参考書 授業中に指示する
成績評価の方法及び基準 試験(30%)、レポート(20%)、授業参画度(50%)
オフィスアワー 8号館物理学科図書室にて、授業終了後18:00まで

このページのトップ