文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 物理学科 > 力学2
日本大学ロゴ

力学2

このページを印刷する

平成28年度以降入学者 力学2
平成27年度以前入学者 力学1
教員名 石田浩
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 物理学科
学期 前期 履修区分 必修
授業概要 ニュートン力学の理解を深める
授業のねらい・到達目標 1年次の「力学入門」、「力学1」に続き古典力学の基礎を学ぶ。加速度座標系での見かけの力、2個の質点の衝突・散乱、実験室系と重心系、剛体の一般回転運動など、1年次よりも進んだ問題を扱う。到達目標は、ニュートン運動方程式を実際の問題への適用能力を高めることである。
この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応している。
授業の方法 通常の講義形式で行う。
本授業の事前・事後学習は、各2時間の学習を目安とします。
履修条件 なし
授業計画
1イントロダクション:ニュートンの運動方程式と、1年次に学んだ様々な物理量を復習する
【事前学習】
次回テーマに関して参考書等に目を通しておく
【事後学習】
ノートを読み返し、理解不足を補っておくこと
2質点の運動方程式を解く1:等加速度直線運動、速度に比例する抵抗がはたらく場合の運動
【事前学習】
次回テーマに関して参考書等に目を通しておく
【事後学習】
ノートを読み返し、理解不足を補っておくこと
3質点の運動方程式を解く2:単振動、強制振動、減衰振動
【事前学習】
次回テーマに関して参考書等に目を通しておく
【事後学習】
ノートを読み返し、理解不足を補っておくこと
4非慣性座標系とみかけの力1:並進加速度系の場合
【事前学習】
次回テーマに関して参考書等に目を通しておく
【事後学習】
ノートを読み返し、理解不足を補っておくこと
5非慣性座標系とみかけの力2:回転座標系の場合(遠心力)
【事前学習】
次回テーマに関して参考書等に目を通しておく
【事後学習】
ノートを読み返し、理解不足を補っておくこと
6非慣性座標系とみかけの力3:回転座標系の場合(コリオリィの力)
【事前学習】
次回テーマに関して参考書等に目を通しておく
【事後学習】
ノートを読み返し、理解不足を補っておくこと
72体問題1:衝突と散乱断面積
【事前学習】
次回テーマに関して参考書等に目を通しておく
【事後学習】
ノートを読み返し、理解不足を補っておくこと
82体問題2:重心系と実験室系の関係
【事前学習】
次回テーマに関して参考書等に目を通しておく
【事後学習】
ノートを読み返し、理解不足を補っておくこと
9質点系と剛体1:重心運動と重心に対する相対運動への分離、運動方程式
【事前学習】
次回テーマに関して参考書等に目を通しておく
【事後学習】
ノートを読み返し、理解不足を補っておくこと
10質点系と剛体2:重心運動と重心に対する相対運動への分離、運動方程式
【事前学習】
次回テーマに関して参考書等に目を通しておく
【事後学習】
ノートを読み返し、理解不足を補っておくこと
11質点系と剛体3:剛体の運動量、運動エネルギー、角運動量
【事前学習】
次回テーマに関して参考書等に目を通しておく
【事後学習】
ノートを読み返し、理解不足を補っておくこと
12質点系と剛体4:剛体の平面運動、回転運動
【事前学習】
次回テーマに関して参考書等に目を通しておく
【事後学習】
ノートを読み返し、理解不足を補っておくこと
13質点系と剛体5:オイラァー角とコマの運動
【事前学習】
次回テーマに関して参考書等に目を通しておく
【事後学習】
ノートを読み返し、理解不足を補っておくこと
14質点系と剛体6:オイラァー角とコマの運動
【事前学習】
次回テーマに関して参考書等に目を通しておく
【事後学習】
ノートを読み返し、理解不足を補っておくこと
15授業の総括とまとめ、力学3に向けて
【事前学習】
次回テーマに関して参考書等に目を通しておく
【事後学習】
ノートを読み返し、理解不足を補っておくこと
その他
参考書 兵頭俊夫 『考える力学』 学術図書出版社 2001年 第1版
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(70%)、授業参画度(30%)
出席回数が十分でない場合は成績評価の対象としない
オフィスアワー 授業内容に関する質問は授業後あるいは学科事務室で受け付けます。その後、時間を調整して、物理学科図書室または本館1階で応対します。

このページのトップ