文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 物理学科 > 物理学演習2
日本大学ロゴ

物理学演習2

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
物理学演習2
科目名
平成27年度以前入学者
物理学演習2
教員名 平本尚
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 物理学科
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 力学と物理数学の演習
授業のねらい・到達目標 古典力学と物理数学に関する演習科目である。力学に関しては「力学2」の内容のうち「物理学演習1」で扱えなかった部分を扱い「物理学演習1」と併せて古典力学の基本部分全体をカバーする。物理数学に関しては「物理数学2」で扱う複素関数論、フーリエ解析の問題を扱う。古典力学と数学に関する理解を深め、その運用能力を養うことが目標である。なお、この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP6及びカリキュラムポリシーCP9,に対応している。
授業の方法 演習形式の授業であり、問題を各自で解いて発表してもらう。なお、問題はe-Learning systemを通して事前配布するので、授業前に解くことを試みていることが期待される。
本授業の事前・事後学習は、合わせて2時間の学習を目安とする。
履修条件 「力学2」、「物理数学2」を履修中、または履修済みであること。
授業計画
1非慣性系の力学(その1:慣性力、遠心力)
2非慣性系の力学(その2:コリオリの力、フーコーの振り子)
3複素数とガウス平面
4複素関数の微分、コーシー-リーマンの関係、いろいろな複素関数
5複素積分(その1:コーシーの積分定理)
6複素積分(その2:コーシーの積分公式、テイラー展開と収束半径)
7複素積分(その3:特異点、ローラン展開、留数定理)
8複素積分(その4:留数定理を用いた定積分の計算)
9質点系の力学の一般論
10剛体の力学(その1:剛体の平面運動)
11剛体の力学(その2:コマの運動、慣性テンソルとオイラー方程式)
12フーリエ級数(その1:基礎)
13フーリエ級数(その2:物理への応用)
14フーリエ積分・フーリエ変換
15授業内試験とその解説
その他
教科書 なし
参考書 なし
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(60%)、授業参画度(40%)
オフィスアワー 授業終了後の時間では対応しきれない質問については、可能な限り火曜午後(13時30分から17時ごろまで)に受け付ける。

このページのトップ