文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 物理学科 > 電磁気学入門
日本大学ロゴ

電磁気学入門

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
電磁気学入門
科目名
平成27年度以前入学者
電磁気学入門
教員名 上岡隼人
単位数    2 学年    1 開講区分 文理学部
科目群 物理学科
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 電磁気学の基礎を習得する。
授業のねらい・到達目標 高校物理の電磁気学を再確認すること。またその微分・積分を用いた形式を理解すること。

この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 講義形式を主体として授業を進める。また、適宜プリント等を利用して内容の補足を行なう。
本授業の事前・事後学習は、各2時間の学習を目安とします。
授業計画
1テストと物理数学の基礎事項の確認
 [事前学習]高校物理の電磁気学の単元を復習しておく。
 [事後学習]テストで不備だった部分と基礎事項について復習しておくこと。
2電場
 [前]静電場とベクトルについて予習しておく。
 [後]電場とクーロン力、電気力線について復習しておくこと。
3電位
 [前]電位と仕事について予習しておく。
 [後]電場と電位、電荷を動かす仕事について復習しておくこと。
4コンデンサー
 [前]電気力線と電束について予習しておく。
 [後]コンデンサにおける電位および仕事について復習しておくこと。
5電流と抵抗
 [前]オームの法則について予習しておく。
 [後]電流の微視的な過程と抵抗について理解しておくこと。
6直流回路
 [前]起電力と抵抗について調べておく。
 [後]キルヒホッフの法則について復習しておくこと。
7前半のまとめ(授業内テスト)
 [前]第1回~第6回の内容を復習しておくこと
 [後]学修した内容の整理をする。
8磁場
 [前]磁界と磁束密度、磁束について調べておく。
 [後]ビオ・サバールの法則とベクトルの外積について復習しておくこと。
9電流が磁場から受ける力
 [前]ビオ・サバールおよびフレミングの法則について復習しておく。
 [後]電流が磁場から受ける力の導出とアンペールの法則について復習しておくこと。
10ローレンツ力
 [前]ローレンツ力について調べフレミングの法則を復習しておく。
 [後]磁場および電場中の荷電粒子の運動について復習しておくこと。
11電磁誘導(ファラデーの法則)
 [前]磁束の時間変化とファラデーの法則について調べておく。
 [後]コイルにおける電磁誘導による起電力について復習しておくこと。
12電磁誘導(電磁波)
 [前]電磁波について復習しておく。
 [後]電磁波のベクトル表記とエネルギーについて復習しておくこと。
13交流
 [前]誘導起電力について調べておく。
 [後]交流電圧下でのコイルやコンデンサのリアクタンスについて復習しておくこと。
14後半のまとめ(授業内テスト)
 [前]第8回~第13回の内容を復習しておくこと
 [後]学修した内容の整理をする。
15全体のまとめ(授業内テスト)
 [前]これまでの全ての内容を復習しておくこと
 [後]学修した内容全体の整理をする。
その他
教科書 河辺哲次 『ベーシック電磁気学』 裳華房 2016年 第2版
参考書 長岡洋介 『電磁気学I 電流と磁場 (物理入門コース3)』 岩波書店 1997年 第1版
長岡洋介 『電磁気学II 変動する電磁場 (物理入門コース4)』 岩波書店 1997年 第1版
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(50%)、授業参画度(50%)
オフィスアワー 8号館B棟114号室 上岡研 (⽔曜2限⽬)

このページのトップ