文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 物理学科 > 特別研究
日本大学ロゴ

特別研究

このページを印刷する

科目名
平成27年度以前入学者
特別研究
教員名 橋本拓也
単位数    6 学年    4 開講区分 文理学部
科目群 物理学科
学期 通年 履修区分 必修
授業概要 実験的研究手法を用いて,自然科学の研究を体験する。
授業のねらい・到達目標 燃料電池材料の研究を中心として,機能性酸化物の熱力学・結晶化学をベースとする実験的な研究の進め方を身に付ける。
この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP4,DP6及びカリキュラムポリシーCP7,CP9に対応している。
授業の方法 燃料電池材料・センサー材料・環境浄化材料として応用されている機能性酸化物の合成・結晶構造解析・導電機構解析・熱力学による反応予測を実施し、最先端の物質の実験的な研究方法を実践する。また報告会での研究報告を通じてプレゼンテーションの仕方・ディスカッションによる研究の深め方を身に付けていただく。さらにセミナーによって研究活動に必須の熱力学・結晶化学・電気化学など基本的な学問を実践的に学習していただく。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
履修条件 学科で定められた条件
授業計画
1研究テーマの設定法
テーマについて配布したプリントを読んでくること
2研究テーマについて文献調査
文献調査法について方法を記述したプリントを読んでくること
3研究テーマのプレゼンテーション
自分のテーマについて解説した資料を作成してくること
4研究テーマのパワーポイントでのプレゼン
テーマについてpptファイルにまとめてくること
5テーマについて文献調査報告
先行研究についてまとめてくること
6テーマについて文献との比較報告
先行研究に対してのオリジナルポイントをまとめてくること
7実験方法について調査のまとめ
特に試料合成法について資料をまとめてくること
8実験方法について調査のまとめ
特に結晶構造解析について資料をまとめてくること
9実験方法について調査のまとめ
特に導電率測定について資料をまとめてくること
10実験方法について調査のまとめ
導電率測定に用いる回路およびソフトウェアについて資料をまとめてくること
11熱力学計算について調査のまとめ
化学熱力学について研究に使用できるとことをまとめてくること
12熱力学計算のソフトウェアについて調査のまとめ
熱力学計算ソフトについて種類・特徴をまとめてくること
13研究テーマについて議論
実施する研究テーマについて具体的な計画をまとめてくること
14研究テーマについて議論
発表・論文に自分の研究をどうまとめるか計画を提出すること
15総合討論
研究室メンバーで各自の研究方針を批評
16試料合成の実習ー固相反応法
17試料合成の実習ー液相合成法
18結晶構造解析の実習ーX線回折
19結晶構造解析の実習ーX線回折、データベースとの比較法
20結晶構造解析の実習ー高温X線回折
21結晶構造解析の実習ーリートベルト解析
22構造模型の描画ーソフトを用いた結晶構造解析
23導電特性測定の実習ー電極の設置方法
24導電特性の実習ー回路の組み方
25導電特性の実習ー高温での導電特性
26導電特性の実習ーガス雰囲気の制御方法
27熱力学の復習
28熱力学データベースの使い方
29熱力学データベースによる反応場計算
30まとめのレポート作成
その他
教科書 各自の研究テーマに合わせて紹介する。
参考書 各自の研究テーマに合わせて紹介する。
成績評価の方法及び基準 最終的な評価は年度末のレポートで評価するが、合格レポートを作成するには平常からの実験や報告会・セミナーへの積極的参加が必要である。(100%)
オフィスアワー 講義終了後

このページのトップ