文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 物理学科 > 特別研究B
日本大学ロゴ

特別研究B

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
特別研究B
教員名 水野伸夫
単位数    3 学年    4 開講区分 文理学部
科目群 物理学科
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 プラズマ物理学に関する文献を学ぶ。また、個別のテーマについて理論的に研究する。
授業のねらい・到達目標 文献学ぶことによりプラズマ物理学の基礎的理解力と計算力をつける。さらに個別テーマの研究を行い、結果をまとめて発表することにより、理論物理の研究の進め方とプレゼンテーション能力を養うことを目標とする。
この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP4,DP6及びカリキュラムポリシーCP7,CP9に対応している。
授業の方法 プラズマ物理学に関する文献を輪読する。物理学を解析するための数値計算法を学習する。各自の個別テーマを研究し、卒業レポートにまとめる。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
履修条件 学科で定められた条件および特別研究Aを修得済みであること。
授業計画
1プラズマの流体表示。
【事前学習】関連する文献を読む。
【事後学習】文献に出てきた計算を復習する。
2流体ドリフト。
【事前学習】関連する文献を読む。
【事後学習】文献に出てきた計算を復習する。
3プラズマ振動と電子プラズマ波。
【事前学習】関連する文献を読む。
【事後学習】文献に出てきた計算を復習する。
4プラズマ中の静電的波動。
【事前学習】関連する文献を読む。
【事後学習】文献に出てきた計算を復習する。
5プラズマ中の電磁的波動。
【事前学習】関連する文献を読む。
【事後学習】文献に出てきた計算を復習する。
6プラズマの拡散。
【事前学習】関連する文献を読む。
【事後学習】文献に出てきた計算を復習する。
7MHD方程式。
【事前学習】関連する文献を読む。
【事後学習】文献に出てきた計算を復習する。
8プラズマの平衡。
【事前学習】関連する文献を読む。
【事後学習】文献に出てきた計算を復習する。
9プラズマの不安定性。
【事前学習】関連する文献を読む。
【事後学習】文献に出てきた計算を復習する。
10プラズマの運動論による記述とVlasov方程式。
【事前学習】関連する文献を読む。
【事後学習】文献に出てきた計算を復習する。
11ランダウ減衰。
【事前学習】関連する文献を読む。
【事後学習】文献に出てきた計算を復習する。
12個別テーマの研究を行う。
【事前学習】テーマを考え、関連する資料を捜す。
【事後学習】資料をまとめる。
13第12回に引き続き個別テーマの研究を行う。
【事前学習】第27回の資料を見直す。
【事後学習】資料をまとめる。
14これまでの個別テーマの研究を卒業レポートにまとめる。
【事前学習】これまでの資料を整理する。
【事後学習】レポートを読み直し、発表内容を考える。
15個別テーマの発表を行う。
【事前学習】プレゼンテーション用の資料を作成する。
【事後学習】直す箇所があったら修正する。
その他
教科書 なし
参考書 なし
成績評価の方法及び基準 授業参画度(70%)、卒業レポート(30%)
授業参画度は毎回の研究室での活動を,レポートは最終提出する卒業レポートで評価します。
オフィスアワー 授業終了後 研究室

このページのトップ