文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 物理学科 > 特別研究B
日本大学ロゴ

特別研究B

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
特別研究B
教員名 鈴木俊夫
単位数    3 学年    4 開講区分 文理学部
科目群 物理学科
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 理論的研究手法を用いて物理学の専門分野の研究を体験する
授業のねらい・到達目標 自然界における物理現象の一つの専門分野の内容を学習し、理論的研究の一端を体験することによって、自然界の成り立ちを説明できるようになり、理論物理の研究を進めることができるようになる。
この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP4,DP6及びカリキュラムポリシーCP7,CP9に対応している。
授業の方法 原子核物理学、サブアトミック物理学、ニュートリノ物理学、星の進化・元素合成のテーマについて、文献の講読、理論の適用、物理現象の解析、シミュレーション計算技術の学習と実行などを行う。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
履修条件 特別研究Aを修得済みであること。
授業計画
1素粒子の標準模型
[事前学習] クォークとレプトンの種類を3世代にわたって調べる
[事後学習] ベクトルボゾンの種類と性質の復習
2ハドロンのクオーク模型
[事前学習] ハドロンの種類を調べる
[事後学習] 8重項、10重項を求める演習
3ニュートリノ
[事前学習] ニュートリノの種類と性質を調べる
[事後学習] ニュートリノの生生源とニュートリノのエネルギーを調べる
4元素合成(1):トンネル効果と核融合反応
[事前学習] 量子論的トンネル効果の復習
[事後学習] 核融合エネルギーのオーダーを調べる
5元素合成(2):pp-chain, CNO-cycle
[事前学習] 太陽系近傍の元素の組成を調べる
[事後学習] ヘリウム生成反応の復習を行う
6太陽ニュートリノと太陽ニュートリノ問題
[事前学習] pp-chainとCNOサイクルで生成されるニュートリノを調べる
[事後学習] ニュートリノ検出の実験について調べる
7元素合成(3):超新星爆発とr-過程
[事前学習] 星の進化の復習を行う
[事後学習] r-過程の反応過程の学習
8元素合成(4):宇宙初期の軽元素合成
[事前学習] ビッグバンの学習
[事後学習] 7Li元素の過剰生成について学習する
9ニュートリノ振動(1):真空中の振動
[事前学習] ニュートリノ振動の証拠を調べる
[事後学習] 太陽ニュートリノ問題に適用する
10大気ニュートリノ
[事前学習] パイ中間子、K中間子の崩壊過程の学習
[事後学習] ニュートリノ振動のパラメータの可能な範囲を調べる
11ニュートリノ振動シミュレーション計算:プログラムの作成
[事前学習] フォートラン言語の学習
[事後学習] 連立微分方程式の解法の復習
12ニュートリノ振動シミュレーション計算(2):真空中の振動(2フレーバー・ニュートリノ)
[事前学習] フォートラン言語の発展的学習
[事後学習] 結果を図示する練習
13ニュートリノ振動(2):物質中の振動(MSW共鳴)
[事前学習] 共鳴振動の学習
[事後学習] 太陽ニュートリノ問題への応用
14ニュートリノ振動シミュレーション計算(3):3フレーバー・ニュートリノ
[事前学習] 3×3 ユニタリー行列の学習
[事後学習] 既知のニュートリノパラメータの復習
15卒業研究レポートの提出と内容について質疑応答することでフィードバックを行う
[事前学習] 未知のニュートリノパラメータを調べる
[事後学習] レポートの作成と発表の練習
その他
成績評価の方法及び基準 レポート(50%)、授業参画度(50%)
授業参画度は毎回の研究室での活動を,レポートは最終提出する特別研究レポートで評価します。
オフィスアワー 授業終了時

このページのトップ