文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 物理学科 > 自然科学基礎ゼミナール2
日本大学ロゴ

自然科学基礎ゼミナール2

このページを印刷する

科目名
平成27年度以前入学者
自然科学基礎ゼミナール2
教員名 根間裕史
単位数    1 学年    1 開講区分 文理学部
科目群 物理学科
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 日本大学が目指す「自主創造型パーソン」への第一歩
授業のねらい・到達目標 日本大学の卒業生として、自分で勉学・仕事のテーマを設定でき実施することのできる「自主創造型パーソン」となることを目指して、基本的な学術や学問の方法論を身につける。
この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP4,DP6及びカリキュラムポリシーCP1,CP9に対応している。
授業の方法 「自然科学基礎ゼミナール1」の後を受け、少人数のグループに分かれて、基本的な学術を身に付けるのみならず、積極的に質問・意見交換・プレゼンテーションを実施できるようになることを目標とする。
具体的に解説する学問分野は学生のレベルを判断して決めるが、講義・実験などで理解できなかったところの補修、物理の理解に必要となる微分・積分・ベクトル・線形代数の解説、基本的な力学・電磁気学・化学の解説が含まれる。また学生のレベルによっては一方的な講義形式だけではなく、調べてきたことや解いてきた問題のプレゼンテーション形式、問題の回答に関してのディスカッション方式を取り入れる。プレゼンテーションやディスカッションの参画具合は成績に反映する。
また講義の内、2回は本学OBの社会人の講義の受講にあて、社会に出ることの意義や日本大学出身者「自主創造型パーソン」としてどのように生きていくべきかイメージを持っていただくことを目指す。
本授業の事前・事後学習は、各2時間の学習を目安とします。
授業計画
1講義・実験の補修、主に物理問題についてのプレゼンテーション・ディスカッション
【事前学習】
自然科学基礎ゼミナール1で学習した内容を復習する。
【事後学習】
授業で解いた問題、特に自分の担当しなかった問題を理解できているか確かめる。
2講義・実験の補修、主に物理問題についてのプレゼンテーション・ディスカッション
【事前学習】
自分が担当予定の問題を確認し、解く試みをする。
【事後学習】
授業で解いた問題、特に自分の担当しなかった問題を理解できているか確かめる。
3講義・実験の補修、主に物理問題についてのプレゼンテーション・ディスカッション
【事前学習】
自分が担当予定の問題を確認し、解く試みをする。
【事後学習】
授業で解いた問題、特に自分の担当しなかった問題を理解できているか確かめる。
4講義・実験の補修、主に物理問題についてのプレゼンテーション・ディスカッション
【事前学習】
自分が担当予定の問題を確認し、解く試みをする。
【事後学習】
授業で解いた問題、特に自分の担当しなかった問題を理解できているか確かめる。
5講義・実験の補修、主に物理問題についてのプレゼンテーション・ディスカッション
【事前学習】
自分が担当予定の問題を確認し、解く試みをする。
【事後学習】
授業で解いた問題、特に自分の担当しなかった問題を理解できているか確かめる。
6講義・実験の補修、主に物理問題についてのプレゼンテーション・ディスカッション
【事前学習】
自分が担当予定の問題を確認し、解く試みをする。
【事後学習】
授業で解いた問題、特に自分の担当しなかった問題を理解できているか確かめる。
7講義・実験の補修、主に物理問題についてのプレゼンテーション・ディスカッション
【事前学習】
自分が担当予定の問題を確認し、解く試みをする。
【事後学習】
授業で解いた問題、特に自分の担当しなかった問題を理解できているか確かめる。
8講義・実験の補修、主に物理問題についてのプレゼンテーション・ディスカッション
【事前学習】
自分が担当予定の問題を確認し、解く試みをする。
【事後学習】
授業で解いた問題、特に自分の担当しなかった問題を理解できているか確かめる。
9講義・実験の補修、主に物理問題についてのプレゼンテーション・ディスカッション
【事前学習】
自分が担当予定の問題を確認し、解く試みをする。
【事後学習】
授業で解いた問題、特に自分の担当しなかった問題を理解できているか確かめる。
10講義・実験の補修、主に物理問題についてのプレゼンテーション・ディスカッション
【事前学習】
自分が担当予定の問題を確認し、解く試みをする。
【事後学習】
授業で解いた問題、特に自分の担当しなかった問題を理解できているか確かめる。
11講義・実験の補修、主に物理問題についてのプレゼンテーション・ディスカッション
【事前学習】
自分が担当予定の問題を確認し、解く試みをする。
【事後学習】
授業で解いた問題、特に自分の担当しなかった問題を理解できているか確かめる。
12ワールドカフェ①:ワーク一回目
【事前学習】
指定された場所で受講するため、場所の確認等をおこなっておくこと。必要な所持品をそろえておくこと。
【事後学習】
一回目のワークについて、自分でもう一度、引き取って、自分自身の解答を考えてみる。
13ワールドカフェ②:ワーク二回目
【事前学習】
指定された場所で受講するため、場所の確認等をおこなっておくこと。必要な所持品をそろえておくこと。
【事後学習】
二回目のワークについて、自分でもう一度、引き取って、自分自身の解答を考えてみる。
14キャリア形成について考える1(卒業生の話を聞く1)
【事前学習】
将来について考えること。
【事後学習】
講演者の話を振り返り,自身の将来を踏まえ,大学で学ぶことを考えること。
15キャリア形成について考える2(卒業生の話を聞く2)
【事前学習】
将来について考えること。
【事後学習】
講演者の話を振り返り,自身の将来を踏まえ,大学で学ぶことを考えること。
その他
成績評価の方法及び基準 授業参画度(100%)
プレゼンテーションやディスカッションへの参画度は評価対象となる。
授業参画度は,毎回の講義中における質疑応答で評価します。
オフィスアワー 8号館B棟114室にて随時
備考 本講義では、学部間横断ワークショップ(ワールド・カフェ(10月20日(日))を実施します。
(ただし、荒天等により10月27日(日)に延期することがあります。)
学生ごとに受講する会議・日時等が異なりますので、詳細は授業開始時に連絡します。

このページのトップ