文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 情報科学科(情報システム解析学科) > 基礎プログラミング1(41組)
日本大学ロゴ

基礎プログラミング1(41組)

このページを印刷する

平成29年度以降入学者 基礎プログラミング1(41組)
平成28年度以前入学者 プログラミング入門
教員名 森山園子
単位数    2 学年    1 開講区分 文理学部
科目群 情報科学科(情報システム解析学科)
学期 前期 履修区分 必修
授業概要 Processingによるプログラミングの基礎(条件分岐,繰り返し,配列)を講義する。
授業のねらい・到達目標 Processing言語を用いてプログラミングの基本要素を学びながら,手続き的なプログラミングにおける論理的な思考,および,条件分岐・繰り返し・配列を用いた基礎的なプログラミングができるようになる。

この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 毎回の授業内で,適宜,講義と演習を繰り返す。
また,前回までの学修内容を理解していることを前提とする。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とする。
授業計画
1ガイダンス(授業のテーマ,到達目標,授業の方法,学習環境の確認)
【事前学習】シラバスを事前に確認する
【事後学習】今回講義資料・課題を通じて,プログラミングの目的・作法について理解を深める
2描画と計算
【事前学習】前回講義資料・課題を通じて,プログラミングの目的・作法について確認しておく
【事後学習】今回講義資料・課題を通じて,描画と計算を行う方法について理解を深める
3条件分岐:if文の基本的な利用
【事前学習】前回講義資料・課題を通じて,描画と計算を行う方法について確認しておく
【事後学習】今回講義資料・課題を通じて,if文の基本的な利用方法について理解を深める
4条件分岐:if文の高度な利用
【事前学習】前回講義資料・課題を通じて,if文の基本的な利用方法について確認しておく
【事後学習】今回講義資料・課題を通じて,if文の高度な利用方法について理解を深める
5繰り返し:while文
【事前学習】前回講義資料・課題を通じて,if文の高度な利用方法について確認しておく
【事後学習】今回講義資料・課題を通じて,while文の利用方法について理解を深める
6繰り返し:for文
【事前学習】前回講義資料・課題を通じて,while文の利用方法について確認しておく
【事後学習】今回講義資料・課題を通じて,for文の利用方法について理解を深める
7繰り返し:繰り返しを用いた総合演習
【事前学習】前回講義資料・課題を通じて,for文の利用方法について確認しておく
【事後学習】今回講義資料・課題を通じて,繰り返し全般の利用方法について理解を深める
8授業内試験1と解説
【事前学習】前回までの講義資料・課題を通じて,条件分岐・繰り返しの利用方法について確認しておく
【事後学習】試験で解けなかった問題・解説に基づき,条件分岐・繰り返しの利用方法について理解を深める
9配列:配列の基本的な利用
【事前学習】試験で解けなかった問題・解説に基づき,条件分岐・繰り返しの利用方法について確認しておく
【事後学習】今回講義資料・課題を通じて,配列の基本的な利用方法について理解を深める
10配列:配列の高度な利用
【事前学習】前回講義資料・課題を通じて,配列の基本的な利用方法について確認しておく
【事後学習】今回講義資料・課題を通じて,配列の高度な利用方法について理解を深める
11配列:配列を用いた総合演習
【事前学習】前回講義資料・課題を通じて,配列の高度な利用方法について確認しておく
【事後学習】今回講義資料・課題を通じて,配列全般の利用方法について理解を深める
12アニメーション:アニメーションの基本的な利用
【事前学習】前回講義資料・課題を通じて,配列全般の利用方法について確認しておく
【事後学習】今回講義資料・課題を通じて,アニメーションの基本的な利用方法について理解を深める
13アニメーション:アニメーションを用いた総合演習
【事前学習】前回講義資料・課題を通じて,アニメーションの基本的な利用方法について確認しておく
【事後学習】今回講義資料・課題を通じて,アニメーション全般の利用方法について理解を深める
14授業内試験2と解説
【事前学習】前回までの講義資料・課題を通じて,条件分岐・繰り返し・配列の利用方法について確認しておく
【事後学習】試験で解けなかった問題・解説に基づき,条件分岐・繰り返し・配列の利用方法について理解を深める
15条件分岐・繰り返し・配列の総合復習
【事前学習】試験で解けなかった問題・解説に基づき,条件分岐・繰り返し・配列の利用方法について確認しておく
【事後学習】今回講義資料を通じて,条件分岐・繰り返し・配列の利用方法について理解を深める
その他
参考書 著:Casey Reas,Ben Fr ,訳:船田巧 『Processingをはじめよう 第2版』 オライリージャパン 2016年 第2版
長名優子,石畑宏明,菊池眞之,伊藤 雅仁 『つくって学ぶProcessingプログラミング入門』 コロナ社 2017年
成績評価の方法及び基準 レポート(20%)、授業内テスト(70%)、授業参画度(10%)
授業内テストは,授業内試験1・2の成績により評価する。
レポートは,授業外レポートの成績により評価する。
授業参画度は,毎回の実習・演習の成果により評価する。
オフィスアワー 森山(41組):授業終了時
備考 クラス別に履修登録をすること

このページのトップ