文理学部シラバスTOP > 文理学部 > ドイツ文学科 > ドイツ語基礎演習2 (プレインテンシヴ)
日本大学ロゴ

ドイツ語基礎演習2 (プレインテンシヴ)

このページを印刷する

令和元年度以前入学者 ドイツ語基礎演習2 (プレインテンシヴ)
教員名 横山淳子
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 ドイツ文学科
学期 後期 履修区分 必修
授業の形態 基本的には同時双方型授業(Zoomによるライブ中継)
授業開始までにBlackBoardのコースID 20201852:2020ドイツ語基礎演習2(横山淳子・後・水2)に登録し、初回授業の注意事項に従って準備をしておくこと。
授業概要 1年次に学習したドイツ語文法の基礎固めを行い、ドイツ語を読むことを通してドイツ語の中級文法を学ぶ。教科書並びに、配布物による学習を行う。
授業のねらい・到達目標 これまで学んだドイツ語文法を着実に身に付けることができる。日本語をドイツ語に、並びにドイツ語を日本語にすることができるようになる。
ドイツ語に関する資料に取り組む意識を持ち、そのために必要な情報をドイツ語の文法知識に基づいて収集することができる(A-5-2)
ドイツ語の口頭練習を通じて、コミュニケーションをとり、自分の述べたいことを正確に話せるようになる(A-6-2)
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP5、DP6及びカリキュラムポリシーCP5, CP6に対応しています。
授業の方法 授業方法は、一部の読解は担当を割り振り、表現練習、口頭練習などはグループで行う。
プリントなども適宜配布し、教科書を補完する。
受講者は指示された予習・復習を行うこと。
履修条件 ドイツ文学科2年生対象科目
授業計画
1 授業のガイダンス並びに、最初のテキスト(教科書29ページ)を読む。
【事前学習】教科書29ページのドイツ語テキストを読む。 (0.5時間)
【事後学習】学習したことに基づいて教科書31〜32ページの語彙練習に取り組む。 (0.5時間)
2 練習問題を⾏う事で、⽐較級を使った表現ができるようになる。(A-6)
【事前学習】教科書32ページの⽂法練習に取り組む。 (0.5時間)
【事後学習】教科書33ページの読解トレーニングに取り組む。 (0.5時間)
3 ⽂化によって⾷べるパンもいろいろあることを学習する。ドイツ語によって文化にアクセスする⽅法を学ぶ。(A-
5)
【事前学習】教科書34ページのテキストを読み、不明瞭箇所は質問できるようにまとめておくこと。 (0.5時間)
【事後学習】教科書37ページの⽂法問題に取り組む。 (0.5時間)
4 前置詞と複合した表現の使い⽅を学び、表現の幅を増やす。(A-6)
反意語を覚えることで語彙を増やす。(A-6)
【事前学習】教科書38ページの読解トレーニングに取り組む。 (0.5時間)
【事後学習】名詞⽂体についていくつか例を作ってみる。 (0.5時間)
5 ドイツ語の時制の使い⽅について学習することで、適切なドイツ語文を作れるようにする。(A-6)
【事前学習】教科書39ページのテキストを読み、不明瞭箇所は質問できるようにまとめておくこと。 (0.5時間)
【事後学習】教科書41ページの表現練習に取り組む。 (0.5時間)
6 固定表現(〜関して、〜と⽐べて)などの表現に慣れる。表現するドイツ語に幅を持たせる。
【事前学習】教科書43ページの読解トレーニングに取り組む。 (0.5時間)
【事後学習】教科書41ページで上がっている以外の反意語について調べる。 (0.5時間)
7 「保守」と「革新」のイメージが日本とドイツでは異なります。このことをテキストから読み取り、表現できるよう
にする。(A-5-2)
【事前学習】教科書44ページのテキストを読み、不明瞭箇所は質問できるようにまとめておくこと。 (0.5時間)
【事後学習】教科書47ページの⽂法練習に取り組む。 (0.5時間)
8 単語の派⽣をテキストを読みながら意識することを学習する。
【事前学習】教科書49ページを読み、不明瞭箇所は質問できるようにまとめておくこと。 (0.5時間)
【事後学習】教科書50ページの読解のポイントが理解できたかチェックする。 (0.5時間)
9 単語の元の形を意識することで、語彙を増やすことができます。具体的な例を⾒ながら語彙を⾝に付ける。(A-6)
【事前学習】教科書51ページの表現練習に取り組む。 (0.5時間)
【事後学習】教科書53ページの読解トレーニングに取り組む。 (0.5時間)
10 指⽰代名詞の学習をします。
【事前学習】教科書54ページのテキストを読み、不明瞭箇所は質問できるようにまとめておくこと。 (0.5時間)
【事後学習】教科書56ページの「読解のポイント」を読む。 (0.5時間)
11 理由を述べることは、ドイツ語会話においても基本的なことです。この事を学ぶことによって、ドイツを読む⼒、話
す⼒をつける。(A-5、A-6)
【事前学習】教科書57ページの表現練習に取り組む。 (0.5時間)
【事後学習】教科書60ページの読解トレーニングにチャレンジする。 (0.5時間)
12 意⾒を述べる、あるいは同意する表現を学ぶことで、相⼿と正しくコミュニケーションを取ることを⽬指す。(A-
6)
【事前学習】教科書62~63ページの表現練習に取り組む。 (0.5時間)
【事後学習】教科書66ページの読解トレーニングにチャレンジする。 (0.5時間)
13 ドイツ人の仕事への取り組み方を学ぶことで、働くことに関する⽂化的な違いを学習する。
【事前学習】教科書67ページを読み、不明瞭箇所は質問できるようにまとめておくこと。 (0.5時間)
【事後学習】学習したことに基づいて教科書69~70ページの練習問題に⽬を通しておく。 (0.5時間)
14 確認のためのテストと、重要事項の解説を行う。
【事前学習】今までの表現の復習をしてくる。 (0.8時間)
【事後学習】重要事項の解説を読み直しておく。 (0.2時間)
15 プライベートなことに⽴ち⼊ることについての⽂化の違いを学ぶことにより、どのように⾃分の意⾒を表現するかに
ついて学ぶ。(A-6)
【事前学習】教科書71ページのテキストを読み、不明瞭箇所は質問できるようにまとめておくこと。 (0.5時間)
【事後学習】3ページにわたるテキストを読んで学習した表現をまとめる。 (0.5時間)
その他
教科書 ⼤⾕弘道・Ursula Otani 『新・ドイツ語読み⽅教室』 三修社 2018年 第9版
成績評価の方法及び基準 試験(50%)、授業参画度(50%)
授業参画度は、予習・復習の状況等で評価する。
通常の授業を通しても、A-5 並びにA-6 の達成度を評価する。
オフィスアワー 授業終了後

このページのトップ