文理学部シラバスTOP > 文理学部 > ドイツ文学科 > ドイツ語基礎演習3 (A組)
日本大学ロゴ

ドイツ語基礎演習3 (A組)

このページを印刷する

令和元年度以前入学者 ドイツ語基礎演習3 (A組)
教員名 川上博子
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 ドイツ文学科
学期 前期 履修区分 必修
授業の形態 zoomによるオンライン授業を中心に、オンデマンドとBlackboardを通しての課題研究を組み合わせる。
授業開始までにBlackBoardのコースID 20201853:2020ドイツ語基礎演習3(川上博子・前・金3) に登録し、初回授業の注意事項に従って準備をしておくこと。
授業概要 ドイツ語文法のレベルアップを図り、読解力をつける演習を行う。
テキストを読みながらを読みながら、表現力と語彙力の養成を行う。
授業のねらい・到達目標 初級文法の知識を有機的に結びつけ、わかりやすく整理し、中級レベルの文法まで使い込なせることができる。
ドイツ人の日常生活に関するエッセイを読みながら、ドイツ人の価値観や考え方に触れ、異文化への関心と理解を深めることができる。(A-5-2)
ドイツ人の考え方に触れることで、日本人の生活習慣、考え方や感覚を認識し、その感覚の相違をドイツ語で表現できる。(A-6-2)
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP5,DP6及びカリキュラムポリシーCP5,CP6に対応しています。
授業の方法 基礎文法事項を確認しながら、解説する。テキストの講読と文法練習問題を演習形式で行う。
履修条件 ドイツ文学科指定クラスの学生
授業計画
1 ガイダンスと確認(授業のテーマや到達目標および授業の方法について説明する。一年次に学習した文法事項の理解度を確認する。)(A-1)(zoomで授業)
【事前学習】一年次に学習した文法事項を確認し、苦手な項目をチェックしておくこと。 (30分)
【事後学習】苦手な文法事項を復習する。 (30分)
2 初級文法の復習(動詞・語順について確認する)(A-6 )(zoomで授業)
【事前学習】一年次の文法[助動詞構文・副文]を復習してくること。 (30分)
【事後学習】枠構造の文を復習する。 (30分)
3 1課:テキスト講読:パーティーを開くのは祝ってもらう人!(序数、不規則変化動詞、分離動詞について確認する)(A-6)(zoomで授業)
【事前学習】テキストP6の音読練習、辞書を使用して訳してくること。練習問題を予習する。(A-5) (30分)
【事後学習】テキストの中の重要表現と重要動詞の変化を復習する。(A-6) (30分)
4 文法練習(不定関係代名詞について確認する)(A-6)(zoomで授業)
【事前学習】練習問題P9~P12を予習してくる。 (30分)
【事後学習】不定関係代名詞を復習する。 (30分)
5 2課:テキスト講読:20歳をを過ぎれば親もと離れる!(ドイツ語の造語法について確認する)(A-5)(zoomで授業)
【事前学習】テキストP14の音読練習、辞書を使用して訳してくること。(A-5) (30分)
【事後学習】テキストの中の重要表現と副文を復習する。(A-6) (30分)
6 文法練習(前置詞と人称代名詞の融合形について確認する)(A-6)(zoomで授業)
【事前学習】練習問題P17~P19を予習してくること。(A-5) (30分)
【事後学習】動詞を復習する。 (30分)
7 3課:テキスト講読:教室で手をあげないと減点! (形容詞の比較表現について確認する)(A-5)
【事前学習】テキストP20の音読練習、辞書を使用して訳してくること。(A-5) (30分)
【事後学習】テキストの中の重要表現と形容詞の最上級を復習する。(A-6) (30分)
8 文法練習(zu不定詞の用法について確認する)(A-6)
【事前学習】練習問題P23~P25を予習してくること。(A-5) (30分)
【事後学習】zu不定詞の用法を復習する。 (30分)
9 4課:テキスト講読:2回不合格だと失格!(「かえる」という動詞の表現について確認する)(A-5)
(zoomで授業)
【事前学習】テキストP26の音読練習、辞書を使用して訳してくること。(A-5) (30分)
【事後学習】テキストの中の重要表現と副文を復習する。(A-6) (30分)
10 文法練習(話法の助動詞について確認する)(A-6)(zoomで授業)
【事前学習】練習問題P29~P31を予習してくること。(A-5) (時間30分)
【事後学習】話法の助動詞を復習する。 (時間30分)
11 5課:テキスト講読:事故死傷者の氏名公表はご法度!(「~の場合は違う」~という表現について確認する)
(zoomで授業)
【事前学習】テキストP32の音読練習、辞書を使用して訳してくること。(A-5) (時間30分)
【事後学習】テキストの中の重要表現と助動詞を復習する。(A-6) (時間30分)
12 文法練習(受動態・形容詞の名詞化について確認する)(A-6)(zoomで授業)
【事前学習】練習問題P34~P36を予習してくること。(A-5) (30分)
【事後学習】受動態・形容詞の名詞化を復習する。 (30分)
13 1回から12回目までの文法事項の復習(課題研究)
【事前学習】1回から12回目までの内容を復習すること。 (30分)
【事後学習】出来なかった問題を解答し直す。 (30分)
14 理解度の確認(課題研究)
【事前学習】前期に学習した文法事項の問題を復習する。 (30分)
【事後学習】出来なかった問題を解き直す。 (30分)
15 課題の解説を行い授業の理解を深める。(オンデマンド授業)
【事前学習】前期に学習した文法と重要表現を復習する。 (50分)
【事後学習】これまでの学習内容を確認する。 (10分)
その他
教科書 大谷弘道 『ドイツを知る9章+1』 三修社 2018年 第18版
適宜プリントを配付します。
参考書 辞書を必ず持参すること。適宜資料を配付します。
成績評価の方法及び基準 レポート:毎回の宿題、課題の提出状況とその成績を評価する。(80%)、授業参画度:リアクションペーパーや、音読、訳読の作業によって評価する。(20%)
オフィスアワー Blackboardを通しての質問は直接回答する。あるいは授業日までの資料に解説を載せる。
備考 シラバスの内容は学生の皆さんの学修状況を考慮して、変更することもあります。

このページのトップ