文理学部シラバスTOP > 文理学部 > ドイツ文学科 > ドイツ文学演習1
日本大学ロゴ

ドイツ文学演習1

このページを印刷する

令和元年度以前入学者 ドイツ文学演習1
教員名 森田悟
単位数    1 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 ドイツ文学科
学期 前期 履修区分 必修
授業の形態 オンライン授業
授業開始までにBlackBoardのコースID 20201872:2020ドイツ文学演習1(森田悟・前・木2)に登録し、授業の注意事項に従って準備をしておくこと。
授業概要 Adelbert von Chamisso(1781-1838)は生まれはフランスで革命の嵐の中生まれ故郷を後にしてドイツに移り住み、その後『ペーター・シュレミールの不思議な物語(Peter Schlemihls wundersame Geschichte) 』を書き上げた。主人公のシュレミールは「灰色の男」に出会い、金を自由に取り出すことのできる魔法の布袋と自分の「影」を交換し「影」を失う。影という一見価値のないものを失う主人公は人々から冷たい視線を浴びる。今回は発刊当時の作品を現代語訳したテキストを使い、作品と丁寧に読んでいきたい。その際、作品に使われているドイツ語について可能な限り詳しく検討していく。
授業のねらい・到達目標 いまから200年以上前に書かれた作品は必ずしも平易なものではない。今回は作品を現代語訳したもので学生のみなさんが辞書を詳しく弾きながら理解していくことが可能なものだと言える。作品が書かれたのは古くても、そのテーマについては現代でも十分通じる興味深い作品。じっくり読みながらドイツ語力も身につけていくことができる。作品が現代の我々に訴えかけるものは何か、各人が生きる上でも有用な何かを見つけていく手がかりになる。(A-3-3,A4-4-3)

この科目は文理学部(学士(文学))のDP3,DP4及びCP3,CP4に対応しています。
授業の方法 演習形式で進める。訳読は各人に割り当てる。
受講者は支持された予習・復習をすること。
履修条件 学科の規定による
授業計画
1 ガイダンス(授業の進め方、内容など)について説明する。この作品の書かれた時代等について説明する。
【事前学習】テキストの前書きを参照し、そこに出ている文学史的な内容について調べる (30分)
【事後学習】シャミッソーについて調べる (30分)
2 辛い航海の後-物語の冒頭部分に現れる事柄  作品を読みながら現代に通じる人間の生き方についてそれぞれが考える(A-3,A-4)毎回一人の人間が直面する人間の持つ価値観と向き合う機会を持つ(Aー3、A-4)
【事前学習】テキストの7ページから9ページを読む (30分)
【事後学習】ドイツ語に注意しながら再読 (30分)
3 パーティの風景とシュレミール
【事前学習】テキストの9ページから10ページを読む (30分)
【事後学習】ドイツ語に注意しながら再読 (30分)
4 パーティ会場の不思議
【事前学習】テキスト10ページから12ページを読む (30分)
【事後学習】ドイツ語に注意しながら再読 (30分)
5 「灰色の男」とシュレミールの出会い
【事前学習】テキストの12ページから14ページを読む (30分)
【事後学習】ドイツ語にう注意しながら再読 (30分)
6 シュレミールと灰色の男との取引
【事前学習】14ページから17ページを読む (30分)
【事後学習】ドイツ語に注意しながら再読 (30分)
7 「影」を失ったシュレミール
【事前学習】18ページから19ページを読む (30分)
【事後学習】ドイツ語に注意しながら再読 (30分)
8 「影」を失ったシュレミール
【事前学習】19ページから21ページ (30分)
【事後学習】ドイツ語に注意しながら再読 (30分)
9 「影」を失ったシュレミール
【事前学習】21ページから23ページを読む (30分)
【事後学習】ドイツ語に注意しながら再読 (30分)
10 「影」を失ったシュレミール
【事前学習】23ページから25ページを読む (30分)
【事後学習】ドイツ語に注意しながら再読 (30分)
11 ベンデルとの出会い
【事前学習】26ページから28ページを読むこと (30分)
【事後学習】ドイツ語に注意しながら再読 (30分)
12 ラスカルの陰謀
【事前学習】28ページから29ページ (30分)
【事後学習】ドイツ語に注意しながら再読 (30分)
13 ラスカルの陰謀
【事前学習】29ページから30ページを読む (30分)
【事後学習】ドイツ語に注意しながら再読 (30分)
14 これまで学習した範囲の振り返りと確認(授業内テスト)
【事前学習】これまでの部分の再読 (30分)
【事後学習】再度、作品の冒頭から読むこと (30分)
15 作品で既読の部分を読むこと
【事前学習】読んだ部分を読み作品の意味を探る (30分)
【事後学習】作品を読み返す (30分)
その他
教科書 シャミッソー(白崎 編) 『シャミッソー:影を なくした男』 郁文堂  1993年 第6版
参考書 必要に応じて授業時に指示する。
成績評価の方法及び基準 レポート(40%)、授業参画度(60%)
授業参加度は授業内での訳読等について判定する。授業内テストはA-3-3, A4-3について判定する。
オフィスアワー 火曜および水曜日の昼休み(ただし事前に申し出ることが望ましい)

このページのトップ