文理学部シラバスTOP > 文理学部 > ドイツ文学科 > ドイツ文化演習1
日本大学ロゴ

ドイツ文化演習1

このページを印刷する

令和元年度以前入学者 ドイツ文化演習1
教員名 跡守美音
単位数    1 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 ドイツ文学科
学期 前期 履修区分 必修
授業の形態 Blackboardを通じたオンデマンド授業と課題研究を組み合わせる。
授業開始までにBlackboardのコースID 20201886:2020ドイツ文化演習1(跡守美音・前・火5)に登録し、初回授業の注意事項に従って準備をしておくこと。
授業概要 ドイツの日常を紹介する様々なテキストを講読し、ドイツ文化への理解を深める。
授業のねらい・到達目標 ドイツの日常を紹介する様々なテキストを講読するとともに、それらに関する統計・資料等の情報を通じて、ドイツの文化を理解し、説明することができる。
既存の知識にとらわれることなく、物事を論理的・批判的に理解し説明することができる(A-3-3,A-4-3)。
この科目は文理学部(学士(文学))のDP3,4及びCP3,4に対応しています。
授業の方法 講読形式。ドイツの文化に関するテキストについて、事前に単語の意味や使い方等を丁寧に調べ、日本語訳をつけたものを授業時に発表してもらい、適宜、解説を入れながら、ドイツの文化について考えていく。
履修条件 学科の履修規程による。
授業計画
1 ガイダンス(授業のテーマや到達目標および授業の方法の説明)と学修計画立案
【事前学習】シラバスを事前に確認し、授業全体の流れを理解すること。 (0.5時間)
【事後学習】第1回目の授業での説明や注意事項を再確認すること。 (0.5時間)
2 講読(1)食文化 -Spezialität-
【事前学習】第1回目の授業で配布したプリントの指定箇所を読んでおくこと。 (0.5時間)
【事後学習】第2回目の授業で解説された箇所を復習しておくこと。 (0.5時間)
3 講読(2)食文化 -Brot und Wurst-
【事前学習】第2回目の授業で配布したプリントの指定箇所を読んでおくこと。 (0.5時間)
【事後学習】第3回目の授業で解説された箇所を復習しておくこと。 (0.5時間)
4 講読(3)食文化 -Kartoffel-
【事前学習】第3回目の授業で配布したプリントの指定箇所を読んでおくこと。 (0.5時間)
【事後学習】第4回目の授業で解説された箇所を復習しておくこと。 (0.5時間)
5 講読(4)労働と余暇 -Arbeit-
【事前学習】第4回目の授業で配布したプリントの指定箇所を読んでおくこと。 (0.5時間)
【事後学習】第5回目の授業で解説された箇所を復習しておくこと。 (0.5時間)
6 講読(5)労働と余暇 -Urlaub-
【事前学習】第5回目の授業で配布したプリントの指定箇所を読んでおくこと。 (0.5時間)
【事後学習】第6回目の授業で解説された箇所を復習しておくこと。 (0.5時間)
7 中間のまとめ(到達度の確認と解説)
【事前学習】第2回~第6回の授業内容を復習しておくこと。 (0.5時間)
【事後学習】第7回の授業で分からなかった項目を、これまでのプリントで再度確認しておくこと。 (0.5時間)
8 講読(6)環境 -Umweltschutz-
【事前学習】第7回目の授業で配布したプリントの指定箇所を読んでおくこと。 (0.5時間)
【事後学習】第8回目の授業で解説された箇所を復習しておくこと。 (0.5時間)
9 講読(7)環境 -Atomkraft-
【事前学習】第8回目の授業で配布したプリントの指定箇所を読んでおくこと。 (0.5時間)
【事後学習】第9回目の授業で解説された箇所を復習しておくこと。 (0.5時間)
10 講読(8)自然と動物 -Tierheim-
【事前学習】第9回目の授業で配布したプリントの指定箇所を読んでおくこと。 (0.5時間)
【事後学習】第10回目の授業で解説された箇所を復習しておくこと。 (0.5時間)
11 講読(9)自然と動物 -Wandervogel-
【事前学習】第10回目の授業で配布したプリントの指定箇所を読んでおくこと。 (0.5時間)
【事後学習】第11回目の授業で解説された箇所を復習しておくこと。 (0.5時間)
12 講読(10)自然と動物 -Natur-
【事前学習】第11回目の授業で配布したプリントの指定箇所を読んでおくこと。 (0.5時間)
【事後学習】第12回目の授業で解説された箇所を復習しておくこと。 (0.5時間)
13 1回から12回目までの授業内容について質疑応答を行う。(A-3-3)
【事前学習】第1回~第12回の授業内容を復習しておくこと。 (0.5分)
【事後学習】第13回の授業で新たに学んだこと、重要であると思ったことを復習しておくこと。 (0.5分)
14 到達度の確認と解説
【事前学習】第2回~第13回の授業内容を復習しておくこと。 (0.5時間)
【事後学習】第14回の授業で疑問に思ったこと、特に重要であると考えたことをノートに書いておくこと。 (0.5時間)
15 これまでの復習・解説を行い、授業の理解を深める。(A-4-3)
【事前学習】第2回~第13回の授業内容を復習しておくこと。 (0.5時間)
【事後学習】第15回の授業で新たに学んだこと、重要であると思ったことを復習しておくこと。 (0.5時間)
その他
教科書 必要に応じてプリントを配布する。
参考書 必要に応じて指示する。
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(60%)、授業参画度(40%)
授業参画度:オンデマンド教材への参加状況、課題提出、確認シート等で評価します。
オフィスアワー 授業後、相談の上。

このページのトップ