文理学部シラバスTOP > 文理学部 > ドイツ文学科 > ドイツ文化演習2
日本大学ロゴ

ドイツ文化演習2

このページを印刷する

令和元年度以前入学者 ドイツ文化演習2
教員名 森田悟
単位数    1 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 ドイツ文学科
学期 後期 履修区分 必修
授業の形態 オンライン授業
授業開始までに BlackBoardのコースID20201887:2020ドイツ文化演習2(森田悟・後・火1)に登録し、授業の注意徐行に従って準備をしておくこと。
授業概要 1945年5月ドイツは戦争に敗れ、その後、アメリカ・イギリス・フランス・ソ連の4カ国に占領され、そして1949年には東西ドイツが誕生しました。この演習ではドイツ語の文章を細かく考えながら、戦後の西ドイツについて考えてみたいと思います。ドイツ文学科の皆さんにとっても戦後の西ドイツ史を概観することはドイツの社会・文化という幅広い領域を学ぶ上で必要不可欠なものだと考えます。
授業のねらい・到達目標 ドイツの社会・文化などを知るためにはドイツの歴史の基礎部分の知識も不可欠です。この演習ではそうしたドイツ史の中でも戦後のドイツ史に焦点を合わせていきます。
これによって受講者は現代のドイツ社会を知る上で基本的な必要不可欠な情報を理解出ることになります(A-3-3,A-4-3)。


この科目は文理学部(学士(文学))のDP3,DP4及びCP3,CP4に対応しています。
授業の方法 演習形式で進めます。毎回、指示され受講生にドイツ語を訳してもらい、ドイツ史の事柄の基本的な内容について説明を加えていきます。またドイツ語そのものについてもじっくり説明したいと考えます。
履修条件 学科の規定による
授業計画
1 ガイダンス(授業の進め方とドイツの戦後史について)
【事前学習】戦後のドイツ史について調べ、整理しておくこと (30分)
【事後学習】授業時の歴史的な事項を確認すること (30分)
2 ベルリンの壁 東西ベルリンを隔てる壁はなぜ建設されたのかを考察し、ドイツ政治状況の特異性を探る(A-3、A-4)
【事前学習】テキスト19ページから21ページを読み、不明瞭箇所は質問できるようにまとめておくこと。(訳読) (30分)
【事後学習】ベルリンの壁について調べる (30分)
3 ベルリンの壁とドイツ統一への落胆(A-3,A-4)
【事前学習】テキスト21ページから22ページまでを読み、不明瞭箇所は質問できるようにまとめておくこと。 (30分)
【事後学習】西ドイツ成立からベルリンの壁までを振りかえり考える (30分)
4 エアハルトからキージンガー
【事前学習】テキスト23ページから24ページを読み、不明瞭箇所は質問できるようにまとめておくこと。 (30分)
【事後学習】キージンガーについて調べる (30分)
5 緊張緩和
【事前学習】テキスト24ページから25ページを読み、不明瞭箇所は質問できるようにまとめておくこと。 (30分)
【事後学習】EGについて調べる (30分)
6 大連立
【事前学習】テキスト24ページから25ページを読み、不明瞭箇所は質問できるようにまとめておくこと。 (30分)
【事後学習】大連立について調べる (30分)
7 大連立
【事前学習】テキスト25ページから26ページを読み、不明瞭箇所は質問できるようにまとめておくこと。 (30分)
【事後学習】当時の内政の状況について調べる (30分)
8 付加価値税・経済安定成立法
【事前学習】テキスト26ページから27ページを読み、不明瞭箇所は質問できるようにまとめておくこと。 (30分)
【事後学習】諸制度について確認する (30分)
9 過去の影
【事前学習】テキスト28ページを読み、不明瞭箇所は質問できるようにまとめておくこと。 (30分)
【事後学習】この時期のドイツの過去の問題を考える (30分)
10 ブラント政権
【事前学習】テキスト31ページから32ページを読み、不明瞭箇所は質問できるようにまとめておくこと。 (30分)
【事後学習】ブラントについて調べる (30分)
11 ブラントと新東方外交 ブラント政権の政治をこれまでと区別するものは何か(A-3,A-4)
【事前学習】テキスト32ページから33ページを読み、不明瞭箇所は質問できるようにまとめておくこと。 (30分)
【事後学習】新東方外交について調べる (30分)
12 ドイツ再統一 再統一はなぜどのようにに実現したのか(A-3,A-4)
【事前学習】テキスト43ページから44ページを読み、不明瞭箇所は質問できるようにまとめておくこと。 (30分)
【事後学習】コールについて調べる (30分)
13 ドイツ再統一
【事前学習】テキスト44ページから45ページを読み、不明瞭箇所は質問できるようにまとめておくこと。 (30分)
【事後学習】再統一について考える (30分)
14 これまで学んだ西ドイツ史について確認(授業内テスト)
【事前学習】読み込んだドイツ史について復習すること (時間)
【事後学習】ドイツ史の流れを確認すること (時間)
15 今まで学んだ西ドイツ史について振り返り、知識情報を整理する
【事前学習】これまでの内容を確認する (時間)
【事後学習】ドイツ文を再読する (時間)
その他
教科書 必要に応じてプリントを配布します。
参考書 小名木榮三郎 『西ドイツ・戦後40年の歩み』 朝日出版 1990年
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(70%)、授業参画度(30%)
授業参加度は授業内で訳読等について判定する。授業内テストはaー3-3,A-4-3について判定する。
オフィスアワー 火曜日、水曜日の昼休み、ただし事前に申し出ることが望ましい。

このページのトップ