文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会学科 > 社会学演習2
日本大学ロゴ

社会学演習2

このページを印刷する

令和元年度以前入学者 社会学演習2
教員名 後藤範章
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 社会学科
学期 後期 履修区分 必修
授業の形態 15回のうち8回をZoomによる同時双方向型授業、7回を課題研究で行います。詳細については後藤演習のMLで伝えます。
授業概要 演習のテーマは、「ビジュアル社会学と都市社会学のシンクロナイズ ―映像フィールドワークの方法と実践―」です。学部のある下高井戸・桜上水地域で、チームで社会学的映像フィールドワークを行い、映像ドキュメンタリー作品(社会学的映像モノグラフ)を制作し発表します。
授業のねらい・到達目標 学部のある下高井戸・桜上水地域を含む世田谷のヒト・コト・モノ(=地域資源)を発掘し、それを題材とする映像作品(ドキュメンタリー)を制作し、内外に向けて発表することを主軸に据えます。同時に、3・4年次の後藤ゼミ(映像フィールドワークに基づく「東京」と「東京人」の社会学的研究)のプレ・ゼミとしての側面を併せ持たせます。

本演習では、特に「自ら道をひらく力」(A-5-2挑戦力、A-6-2コミュニケーション力、A-7-2リーダーシップ・協働力、A-8-2省察力)を育んでいきます。また、この科目は、文理学部(学士(社会学))のディプロマポリシーDP5~8及びカリキュラムポリシーCP5~8に対応しています。
授業の方法 前期の「社会学演習1」を受けて、チーム別に映像作品の制作にあたります。そのため、オンライン授業とは別に、チーム別に現場(フィールド)へ出向いての撮影やインタビュー、研究室その他での作業なども行います。また、映像制作と作品発表(「下高井戸・桜上水物語」の制作と上映)に取り組みます。作品のテーマは、地域文化、まちづくり・地域おこし、商店街の活性化、大学と地域との協働等々、何でもOKです。完成した作品については、オンラインで上映会(“シモタカ・ジョースイ映像祭”)を開催すると共に後藤研究室のウェブ上でも発表・公開します。
授業計画
1 取材:リサーチ・再構成・本取材・撮影・追加撮影など(1)(A-5-2、A-6-2、A-7-2、A-8-2) <同時双方向>
【事前学習】指定教科書の該当箇所を熟読して、内容をよく理解しておくこと (1時間)
【事後学習】演習を振り返って理解を深め、欠を補うこと (1時間)
2 取材:リサーチ・再構成・本取材・撮影・追加撮影など(2)(A-5-2、A-6-2、A-7-2、A-8-2) <課題研究>
【事前学習】指定教科書の該当箇所を熟読して、内容をよく理解しておくこと (1時間)
【事後学習】演習を振り返って理解を深め、欠を補うこと (1時間)
3 取材:リサーチ・再構成・本取材・撮影・追加撮影など(3)(A-5-2、A-6-2、A-7-2、A-8-2) <同時双方向>
【事前学習】指定教科書の該当箇所を熟読して、内容をよく理解しておくこと (1時間)
【事後学習】演習を振り返って理解を深め、欠を補うこと (1時間)
4 取材:リサーチ・再構成・本取材・撮影・追加撮影など(4)(A-5-2、A-6-2、A-7-2、A-8-2) <課題研究>
【事前学習】指定教科書の該当箇所を熟読して、内容をよく理解しておくこと (1時間)
【事後学習】演習を振り返って理解を深め、欠を補うこと (1時間)
5 編集と仕上げ:キャプチャ・編集・演出・レンダリング・書き出しなど(1)(A-5-2、A-6-2、A-7-2、A-8-2) <同時双方向>
【事前学習】指定教科書の該当箇所を熟読して、内容をよく理解しておくこと (1時間)
【事後学習】演習を振り返って理解を深め、欠を補うこと (1時間)
6 編集と仕上げ:キャプチャ・編集・演出・レンダリン・書き出しグなど(2)(A-5-2、A-6-2、A-7-2、A-8-2) <課題研究>
【事前学習】指定教科書の該当箇所を熟読して、内容をよく理解しておくこと (1時間)
【事後学習】演習を振り返って理解を深め、欠を補うこと (1時間)
7 編集と仕上げ:キャプチャ・編集・演出・レンダリング・書き出しなど(3)(A-5-2、A-6-2、A-7-2、A-8-2) <課題研究>
【事前学習】指定教科書の該当箇所を熟読して、内容をよく理解しておくこと (1時間)
【事後学習】演習を振り返って理解を深め、欠を補うこと (1時間)
8 編集と仕上げ:キャプチャ・編集・演出・レンダリング・書き出しなど(4)(A-5-2、A-6-2、A-7-2、A-8-2) <課題研究>
【事前学習】指定教科書の該当箇所を必ず読んで、内容をよく理解しておくこと (1時間)
【事後学習】演習を振り返って理解を深め、欠を補うこと (1時間)
9 授業内での作品上映と修正作業(1)(A-5-2、A-6-2、A-7-2、A-8-2) <課題研究>
【事前学習】上映する作品をチームで完成させておくこと (1時間)
【事後学習】演習での議論を踏まえて、必要な修正を施すこと (1時間)
10 授業内での作品上映と修正作業(2)(A-5-2、A-6-2、A-7-2、A-8-2) <課題研究>
【事前学習】作品のクオリティを上げておくこと (1時間)
【事後学習】演習での議論を踏まえて、必要な修正を施すこと (1時間)
11 授業内での作品上映と修正作業(3)(A-5-2、A-6-2、A-7-2、A-8-2) <同時双方向>
【事前学習】作品のクオリティをさらに上げておくこと (1時間)
【事後学習】演習での議論を踏まえて、必要な修正を施すこと (1時間)
12 試写会と上映会リハーサル(A-5-2、A-6-2、A-7-2、A-8-2) <同時双方向>
【事前学習】試写会の諸準備を行っておくこと (1時間)
【事後学習】試写会で指摘されたことを踏まえて、必要な修正を施すこと (1時間)
13 作品の発表:ドキュメンタリー上映会(オンライン)の開催(2020年12月に開催予定の第10回シモタカ・ジョースイ映像祭で発表する)(A-5-2、A-6-2、A-7-2、A-8-2) <同時双方向>
【事前学習】発表会の諸準備を行っておくこと (1時間)
【事後学習】上映会を振り返って、必要に応じて作品の手直しを行うこと (1時間)
14 合評会(A-6-2、A-7-2、A-8-2) <同時双方向>
【事前学習】他チームの作品に対するコメントを準備しておくこと (1時間)
【事後学習】議論を踏まえて、作品の完成度をより一層高めること (1時間)
15 まとめと総括、全作品を収録したDVDの制作と関係者への配布(A-6-2、A-7-2、A-8-2) <同時双方向>
【事前学習】DVD制作を終わらせておくこと (1時間)
【事後学習】関係者にDVDを手渡し、1年を締めくくること(関係者に感謝の気持ちを伝えることも忘れずに!) (1時間)
その他
教科書 山中速人 『ビデオカメラで考えよう―映像フィールドワークの発想―』 七つ森書館 2009年
白石草 『ビデオカメラでいこう ゼロから始めるドキュメンタリー制作』 七つ森書館 2008年
教科書は必須です。2冊とも、必ず入手して下さい。
参考書 南出和余・秋谷直矩 『フィールドワークと映像実践-研究のためのビデオ撮影入門-』 ハーベスト社 2013年
キャロライン・ノウルズほか(後藤範章監訳) 『ビジュアル調査法と社会学的想像力ー社会風景をありありと描写するー』 ミネルヴァ書房 2012年
山登義明 『ドキュメンタリーを作る―テレビ番組制作・授業と実践』 京都大学学術出版会 2006年
成績評価の方法及び基準 レポート(20%)、授業参画度(30%)、映像作品や演習への貢献度(50%)
チームで制作した映像作品、演習への参画度・貢献度、レポートなどを総合して評価します。
以上を踏まえ、A-5-2(挑戦力)、A-6-2(コミュニケーション力)、A-7-2(リーダーシップ・協働力)、A-8-2(省察力)の修得状況を評価します。
オフィスアワー 個別の相談に関しては、まずメールをngotoh@chs.nihon-u.ac.jp宛に送って下さい。メールもしくはオンラインでやり取りするようにします。

このページのトップ